プライマリーウォーキング®インソール

人生百年時代を美しく健康で生き抜くために踵体重®で足元からカラダのバランスを整える奇跡のインソールが誕生しました。

人生百年時代を美しく健康で生き抜くために踵体重®で足元からカラダのバランスを整える奇跡のインソールが誕生しました。 プライマリーウォーキング®インソール

世界初の踵体重®を実現したインソール

足裏のしなる機能を欠くことなく、しなやかな脚取りを実現しました。

プライマリーウォーキング®が、世界初の前方向、横方向、そして後ろ方向と全ての方向の安定性を実現!
また、特許申請中の技術により歩行時の快適性も両立!
立つという安定性と歩くという不安定性の矛盾を解決した、奇跡の37プライマリーウォーキング®インソールが誕生しました。

世界初の踵体重®を実現

体重は全て踵に乗せて、
その上カラダの各部位をまっすぐに
積み上げるイメージを持ちましょう

前方向、横方向、後ろ方向、
全方向の安定性を実現!

立つという安定性と歩くという不安定性の矛盾を解決した、
奇跡の37プライマリーウォーキング®インソール誕生。

37プライマリーウォーキングインソール

プライマリーウォーキング®は

赤ちゃんの初期歩行をモデルとした より少ない筋力で立って・歩く行動療法です。正しい姿勢

筋力の弱い赤ちゃんが、いかに立って歩くかに着目して考えられたメソッド

プライマリー:基本的・最初に・元・源・根源・原初という意。英語ではあまり使われませんが、直訳すると「赤ちゃんが最初に歩いた」「ヨチヨチ歩き」「幼児歩行」などと訳されます。
プライマリーウォーキング®創案者である岡本先生が、猫背、腰痛、O脚、X脚、外反母趾などの悩みの多くが日常生活での間違った体の使い方によるものであると着目し、筋力が弱くても歩ける赤ちゃんの歩き方に注目しました。

NG(×)頑張って胸を張ると、腰と背中がつられて反ってしまうので要注意です。
踵体重(〇)背中もおなかも足も「まっすぐ」です。体重はかかとに乗っています。

赤ちゃんの初期歩行をモデルとした より少ない筋力で立って・歩く行動療法です。

筋力の弱い赤ちゃんが、いかに立って歩くかに着目して考えられたメソッド

プライマリー:基本的・最初に・元・源・根源・原初という意。英語ではあまり使われませんが、直訳すると「赤ちゃんが最初に歩いた」「ヨチヨチ歩き」「幼児歩行」などと訳されます。
プライマリーウォーキング®創案者である岡本先生が、猫背、腰痛、O脚、X脚、外反母趾などの悩みの多くが日常生活での間違った体の使い方によるものであると着目し、筋力が弱くても歩ける赤ちゃんの歩き方に注目しました。

NG(×)頑張って胸を張ると、腰と背中がつられて反ってしまうので要注意です。
踵体重(〇)背中もおなかも足も「まっすぐ」です。体重はかかとに乗っています。

正しい姿勢

「鍛えない!頑張らない! 力を入れない!」 「医学!運動!美容!」の垣根を越える

●位置のエネルギーを運動エネルギーに!(運動エネルギーを位置のエネルギーに)
●「慣性・惰性」でブレーキをかけずに!より少ない筋力・力で歩く
●物理的・骨格的に理にかなった歩き方・・・それが、プライマリーウォーキングです。
このコンセプトの元、医学的・物理的に歩き方を再構築することで、機能障害のみならず、美容的トラブルを改善し、且つ美しい姿勢と、美しい歩き方、健康な身体を手に入れることを目的としたプログラムです。
プライマリーウォーキング®は、業界初の前方向、横方向、そして後ろ方向と全ての方向の安定性を実現! また、特許申請中の技術により歩行時の快適性も両立!立つという安定性と歩くという不安定性の矛盾を37プライマリーウォーキング@インソールは確立させました。

キーワードは「踵体重®」踵骨は足全体の50%を占め、体重の80%を受け止める

赤ちゃんは、踵(かかと)に体重をのせる「踵体重®」の立ち方をし、歩く時は慣性・惰性を利用した「慣性・惰性歩行®」をして進みます。 このブレーキをかけない(余分な力を使わない)歩き方こそが物理的・骨格的にも理にかなった歩き方「プライマリーウォーキング®」です。

踵骨は足全体の50%を占め、体重の80%を受け止める

赤ちゃんは、踵(かかと)に体重をのせる「踵体重®」の立ち方をし、歩く時は慣性・惰性を利用した「慣性・惰性歩行®」をして進みます。 このブレーキをかけない(余分な力を使わない)歩き方こそが物理的・骨格的にも理にかなった歩き方「プライマリーウォーキング®」です。 キーワードは「踵体重®」

正しく立ち、正しく歩く!「セミナー開催のご案内」腰痛・肩凝り・膝痛・股関節痛・O脚・外反母趾・浮腫みなどの改善へ

一般社団法人 日本ホロス臨床統合医療機構 認定商品

多くの医師が認めるインソール

一般社団法人 日本ホロス臨床統合医療機構は、西洋医学のみならず、環境・食・健康・美容・など多岐にわたる分野とも連携し、臓器別や診療科・職種を超えて、多くの医師・セラピスト・企業ご参加する統合医療機構です。 37プライマリーウォーキング®︎インソールは、日本ホロス臨床統合医療機構が認定するインソールです。

一般社団法人 日本ホロス臨床統合医療機構

プライマリーウォーキング について詳しくはこちらから! プライマリーウォーキング インソール 無料体験会 実施中 プライマリーウォーキング インソールご購入はこちらから!


  • 奇跡のインソール「37プライマリーウォーキング®︎インソール」
    【必見】〜人生百年時代を美しく健康で生き抜くために、踵体重®でバランスを整えるインソールが誕生しました。(特許出願中)

  • 寝るだけで腹式呼吸になるプライマリーウォーキング®ストレッチピロー枕

正しく立ち、正しく歩く!「セミナー開催のご案内」腰痛・肩凝り・膝痛・股関節痛・O脚・外反母趾・浮腫みなどの改善へ

こんなお悩みはありませんか?

O脚で悩んでいる

日本人のO脚の割合はなんと8割以上とも言われています。 O脚の正体はつま先体重で、かつ「内股」になっているからです。つま先が内に向いている状態で歩くと体重が脚の小指側に乗り、小指荷重で歩行することになります。その結果、ふくらはぎの外側が鍛えられて太くなってしまいます。 また、さらに悪い事に外側が鍛えられて太くなるのとは逆に、内側は荷重されないので、鍛えられずに廃用性萎縮を起こし、細くなってしまいます。 この組み合わせがO脚を作ってしまうのです。さらにO脚の人は猫背にもなりやすいですが、かかと体重にシフトすることによって筋肉の使い方が変わります。筋肉を使っているということは骨の位置を動かすことにつながります。 不自然な筋肉の使い方を正すことで、不適切に発達した筋肉が細くなっていった結果、脚が真直ぐになり骨の位置が整ってきます。

【O脚の方のビフォーアフター】
O脚の方のビフォーアフター

X脚で悩んでいる

X脚とは膝は閉じているけど、左右の下腿部が開いてしまっていることで、股関節の内旋と内転が同時に起きて、すねの部分が太ももに対して外側に向いてしまっている状態です。つま先体重で、かつ内転筋に力が入っている人に多い症状です。遺伝だと思って諦めてしまっている方も多いですが、かかと体重にシフトすることによって筋肉の使い方が変わります。 X脚もO脚と同様に、かかと体重にシフトすることによって筋肉の使い方が変わります。筋肉を使っているということは骨の位置を動かすことにつながります。不自然な筋肉の使い方を正すことで、不適切に発達した筋肉が細くなり、骨の位置が整った結果、脚が真直ぐになります。 筋肉を使っているということは骨の位置を動かすことにつながるのです。

【X脚の方のビフォーアフター】
の方のビフォーアフター

猫背で悩んでいる

猫背の人は欧米人に比べ、日本人が圧倒的に多く、猫背人口の60%が日本人と言われています。
猫背はつま先体重で立っている人が、バランスをとろうとして背中を丸めてしまっているからです。また、内股になっている人も猫背になりますので、内股(O脚)をかかと体重に改善することによって猫背が伸びて姿勢が整ってきます。体重がかかとにシフトすることによって全体のバランスが整い、美しい姿勢が自然と保てるようになっていくのです。

【猫背の方のビフォーアフター】
猫背の方のビフォーアフター

14歳、女性 母親談: 娘は常に姿勢が悪く猫背に悩んでいました。初めて先生の所へ治療に行った第一声が「猫背は治ります。何回か通院して頂いて施術の立ち方、歩き方を教えるのでそれを実践していったら必ず治りますよ」とおっしゃいました。それから通院しプライマリーウォーキングの立ち方歩き方を教えて頂き、娘も常に意識し頑張っていました。
2、3週間たつにつれどんどん姿勢が良くなっていったのです。体、顔周りもスッキリしたのです。

外反母趾で悩んでいる

日本人の4人に一人が外反母趾で、特に40代以上の女性に多いと言われています。
外反母趾で曲がってしまった足の親指をまっすぐにするために、プライマリーウォーキング®の講座では専用に開発したインソールを使用します。自然と踵体重®になりますので、立ち仕事や長時間歩くと疲労度の違いがよくわかります。

正しく立ち、正しく歩く!「セミナー開催のご案内」腰痛・肩凝り・膝痛・股関節痛・O脚・外反母趾・浮腫みなどの改善へ

プライマリーウォーキング® 驚きのビフォーアフター

老人性円背

88歳女性。PW歴3ヵ月
2度の脊椎圧迫骨折と変形性膝関節症を克服。プライマリーウォーキング的には、股関節を屈折しながら歩く、いわゆる行進歩行をプライマリーウォーキングに改善。腸腰筋をストレッチしながら歩くので屈折していた脊椎が伸展。

脊椎の圧迫骨折

84歳女性 ◆脊椎の圧迫骨折からの回復◆
ご本人談: 股関節の手術を受けて退院し、やれやれと一息ついたところで急に腰の激痛に見舞われ、身動きもとれない状態となりました。整形外科で「脊椎の圧迫骨折」と診断されましたが、脊椎は危険が多いので、余程でない限り手術などは行わないということでした。陳づうざいと胃薬で痛みを押されるだけで家事も満足にできず、食事も日替わり弁当をとる始末でした。娘から岡本先生のことを聞き、以来、週一回の診察を受け徐々に痛みも和らぎ、家事もできるようになり喜んでおります。

プライマリーウォーキング インソール 無料体験会 実施中 正しく立って正しく歩く。踵体重で足元からカラダのバランスを整える!

プライマリーウォーキング® インソールは、全国有名百貨店催し会場で無料足圧測定を行っております。
下記無料足圧測定会スケジュールカレンダーをご確認の上、ぜひ一度お立ち寄りください。

プライマリーウォーキング について詳しくはこちらから! プライマリーウォーキング インソールご購入はこちらから!

岡本啓司先生

プライマリーウォーキング®創案者

岡本 啓司 Keiji Okamoto

一般社団法人 プライマリーウォーキング指導者協会会長
(株)プライマリーウォーキングジャパン 代表取締役
岡本流身体調整研究所代表
自律神経免疫の会正会員
日本抗加齢学会会員
鍼灸師、整体師、トレーニング運動指導士
健康アドバイザー、シューズフットケア
ドラコンシニア日本チャンピオン
大阪府高齢者大学校講師

1990年より鍼灸・整体を施す治療院『岡本流身体調整研究所』を開設。「少しでも多くの方が日々健康で快適にすごせたなら!」をモットーに30年近い臨床を経験。
治療家として長年の治療と研究を元に正しく立ち・正しく歩く、『プライマリーウォーキングR』を創案しました。
肩こりや腰痛、膝痛、股関節障害といった整形外科的疾患をはじめ、猫背やО脚、X脚、外反拇指などの改善といった見た目の美しさにも効果を発揮します。健康と美容の両方に効果覿面な行動療法です。正しい「立ち方」・「歩き方」をすれば、筋肉に不要な力が入らず緊張しないので、骨格のバランスが整うため、 血液やリンパの流れも整い、代謝機能が改善してカラダがどんどん健康になっていきます。今回、プライマリーウォーキング®のノウハウを活かし、奇跡のインソール”37プライマリーウォーキング®インソール”を考案いたしました。